mame0319のブログ

数年前に同居して、毎日ある愚痴の多さに困ってとうとうブログを始めてしまいました。

なってしまった

最近の姑は、引っ越した頃に戻ったみたいに優しく、私の好物のおかずを作ってくれたりもしていましたΣ(・□・;)

感謝しないといけないんですけど、怖い


なぜそうなったかもわからず数日を過ごしていたのですが、今日とうとう息子がインフルAにかかってしまったことを引き金に前の状態に戻りました。゚(゚´ω`゚)゚。


義姉の子が来ていたということもあるんですが、病院でインフルAの診断をされて帰宅し、姑に報告すると

まず、嫌な顔をされ、

「はぁ?インフル?また、嫌なもんにかかったねぇ。どこでもらってきたの?

困ったもん拾ってきて、ど迷惑やわ〜」

「〇〇ちゃん(義姉の子の名前)あんなお兄ちゃんみたいになったらいかんで、何でも好き嫌いしずに食べようね〜」

それを聞いた息子は私に

「何で義姉の子は風邪だったり、インフルだったり、胃腸風邪でうちに来ても言われんのに、おれは言われるの?おかしくない?」

その通り、ごめんね可哀想な思いさせて(T ^ T)


それでも、うどんやおかゆを作りに行くたびに、嫌味を言ってくるので

「家にずーといれば話は違いますが、学校に通ってたら大なり小なり病気はかかるんじゃないんですか?大丈夫ですよ、木曜日までは部屋で隔離して下には降りてこないので(−_−#)そんなに嫌なこと言わなくても!」

それでもいろんなこと言ってくるので、無視しています。

知らんがな

(−_−#)

喋りたくない顔を合わせたくないの一心で、姑達が里帰りから帰宅してからは、旦那を連れ出し朝からお出かけ、姑が出かけてる間に家に帰ってきて夕飯の支度!

しかも早めの夕食!

なので顔を合わせない日もあるくらい(^O^)でも、珍しく一昨日の夜洗濯機が回ってる音がして、

こんな時間から回すなんて珍しいなぁ!次の日朝から出かけるのかなぁなんて思って歯を磨いて上に上がりました。

次の日の朝、洗濯機は回ったままの状態で洗濯物が洗濯機に残っていました。

あらら(´・ω・`)また、洗い直し水と電気代もったいない(いつも私が言われてること。一年に一回やったぐらいで言われる(T ^ T))って言ってやりたかっですがそれでは同じ大人になってしまうので旦那に即報告!

すると旦那は

「そんなの出すか、お母に言えばいいやん」

「嫁姑はそんな簡単なことじゃないの!」

「母ちゃん自分でめんどくさくしとるだけやん!」

「はぁ?こっちにも意地があるんじゃ!しかも、お父さんの服だから触りたくない!自分が出してきてよ。」

「なんで俺がやらないかんの?嫌やて。」

「自分が嫌なこと私にもやれって言わんといて。」

(−_−#)自分の親じゃん!

仕方がなく下に降りると、お父さんが

「あっ!ちょうどいいところに嫁が降りてきたやん」っと言った瞬間、姑が

お父さんに肘でつっついたのが見えて、何か合図を送っていました。

(−_−#)あっそう!もうコインランドリー行くからいい!!

午前中にコインランドリーに行って、帰ってくると、姑の字で

「出かけてきます」の書き置き

洗濯機!っと思って見に行くと

…まだある_| ̄|○

いつになったら出すんだよ!


本当は夜には回したかったのですがなんと帰宅したのが9時半過ぎ。゚(゚´ω`゚)゚。

あきらめ_| ̄|○

次の日起きて洗面所に行くと相変わらずそのまま(´⊙ω⊙`)

いい加減にしろよ!


今日もコインランドリーか…

今日から仕事、あんな量無理だもん(T-T)


するとやっと気づいたらしく、なぜかご立腹(´⊙ω⊙`)

聞こえたブツブツの念仏が

「覚えとけよ。ぜったいやり返したるでな。」

なに!私が悪いわけじゃないやろ(−_−#)

もう、一月から険悪ムード(−_−;)

でも、私悪くないもん絶対( *`ω´)って思うようにしています。


補足です

前に気を使って、洗濯物を洗濯機から出して干したことがあるんですが、その時、「汚い手で触られたで洗い直さないかん」って言われたことがあるんです!

早速かよ!

皆さん早速ですよ_| ̄|○

今日は朝から、ショッピングモールへお出かけ(⌒▽⌒)何をするわけでもないんですが姑達と一緒に居たくないというだけの逃げ口実!


子供はお年玉も貰ったら親なんて用無しなんで家でお留守番(´Д` )

なので旦那と!(でも、旦那と出かけると金がかかる(T ^ T)子供みたいにおもちゃ見てはあれがほしいこれが欲しいとねだるばかり、自分で買いなよ!と言うと、車にお金がかかるから無理!の一言。

もしくは、じゃーおれがおもちゃ買うから車の修理代出して!

どっちにしろ、私に得はない!でも、修理代は高いから無理(T ^ T)泣く泣く買わざるを得ない)



ショッピングセンターについて間もなく、舅からの着信!

「はい」

「今どこにおる?」

「外に出掛けてます」

「息子が出てったのは見たけど、一緒に出掛けたんか?」

「あっ!はい」

「ところで何時に帰ってくるんやね」

「多分、昼過ぎの夕方だと思います」

「そんなに遅いんか、困ったなぁ

もっと早めに言えばよかったんやけど、今日息子と飲もうと思って!すき焼きでもやろうと思うんやけど」

「あっはい」

「そんで悪いんやけど、ばあさんと今から温泉に行ってくるで、5時ごろには帰宅するで、すき焼き準備しといてくれんか?」

「沈黙」

「じゃー頼んだで!」プツリ


旦那にすぐ報告、

「まじか!あり得ん。」

そこから何にも楽しめなくなり、早々に切り上げ、姑指定の店で買い物して帰宅。


4時ころから仕込んで早めにお風呂。

姑達が帰宅したので、すき焼き開始


すると私が用意した分量では足りないと思ったらしく白菜などを自分の納得のいくぶんだけ刻み一言

「足りんのは私は嫌いやで!」

あっそうですか。勝手にすれば( ̄^ ̄)


1回目みんなの器にすき焼きが入り、頂きます!

私はまずご飯と野菜少しだけを食べていると、

「次作らんと!」と舅

次を作ろうと旦那が動くと、糸こんや椎茸が足りないので追加と言われ作りに行くと、今残っているのを、私以外の人の器に姑が入れているのが見えました。

作り終えて戻ると、2便が出来ていて、また、姑が私以外の器に取り分けて、次は自分で作っていました。

私の器も空っぽになって取ろうとすると、

「〇〇くん(孫)器ばぁちゃんに頂戴入れてあげるで」

入れ終わると、次は旦那次は舅、あとは姑自身。

見ると、すき焼きは無し、

カチーン(−_−#)もういらん!

食器を片付け二階に避難!


泣けてきた(T ^ T)だから、思いっきり泣いてやりました。

あースッキリ!するわけがない。゚(゚´ω`゚)゚。

強くならないとなぁ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)