mame0319のブログ

数年前に同居して、毎日ある愚痴の多さに困ってとうとうブログを始めてしまいました。

生い立ち3

うちの親は心配性で、どこに行くにも私を一人にはさせなかった。例えそれがいいところじゃなくても、パチンコ屋さんだったり、水商売のロッカー室にある、長椅子で、真っ暗闇の中タオルケット一枚かけて寝させられたり、それはそれは三歳の私には刺激すぎ、大人の事情の声が聞こえたりもした。時には託児所に預けられたりもしてが、今と違い一般の家庭で、何人もの小学生だったり、私みたいな小さい子までいろんな子たちが預けられていた。

そこで私はすごい経験したをするのです。

皆さんはなんだと思いますか?


それはなんと、託児所の夫婦の旦那さんに、大事なところを触られて、その友達の人にその姿を見せられたのです。

普通に考えて有り得ない作り話のようなことなのですが、現実なんです。

その後も、その託児所には、数回行ったのですが、とにかく食べ物に至っては自分の親が食べなさいってもたせてくれたものでも、争奪戦、叩かれたりするのは当たり前、そうこうしてるうちに、お母さんが倒れ入退院を繰り返ししてるうちに父と連絡がとれて時々顔を見せるようになりました。この続きはまた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。