mame0319のブログ

数年前に同居して、毎日ある愚痴の多さに困ってとうとうブログを始めてしまいました。

物のありがたみ

今日は旦那が休みだったので早い夕食にするため(それは、建前(苦笑)姑達のいる空間で食べたくないから〜!)

メニューは、回鍋肉、ラーメン、餃子なので、回鍋肉を作り始めた途端

なんと!!!2人揃って帰宅(><)

未だ嘗てない展開(−_−;)

あちゃ〜、また、念仏唱える中での食事かぁ嫌だなぁ

でも仕方がない、ご飯を準備!

旦那を呼びご飯を食べ始めたら、横目でジロ〜と確認。

姑と舅は隣の卓袱台でおやつタイム。


舅は新聞を読みながら、お茶をすすったり、まんじゅうを食べたり、その目の前で姑は一人でブツブツ

「最近の人は物のありがたみがわからんでいかん!まだ使えるものを捨てたり、壊したり、戦後の物のない時を考えないかん!あの頃は本当に大変やったんやで!」

…そんな時代の方でしたっけ?ってかあなただけには言われたくない!大事にしてる風だから、野菜も捨てる、今、もっともお付き合いしてる川崎重工の方から煮物をもらったり、セーターを編んでもらっても


「あの人の煮物は不味くて食えん!何をやらせても、下手やで!あんなんやったら、やらんほうがましやわ!その点、私が編んだものは、みんな喜んで着てくれるで今年も編まないかん!煮物もあれはセンスやで、ねぇお父さん」

…無視

誰も無反応、笑えてくる(苦笑)


そしたら旦那に

「〇〇くん、お茶入れたろうか?そんなまずいのじゃなく、この美味しいお茶!」

でたぁ〜ってか、それ私達が買ってるんですけど!静岡からわざわざこのお茶しか嫌だというわがままに付き合わされ(−_−#)

さぞかし美味いだろうに!懐も痛まない、ただ口だけ出してれば想いの物が手に入るんだから(−_−#)


楽だよねぇ、家賃払わず、一軒家を手に入れちょっと気に食わなければ、私たちは出てくから、お世話になりませんの一言!もう、耳タコですからぁ〜残念!(古くてすみませんm(._.)m)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。